グループホームの働き方

【結論】グループホームの夜勤って楽?勤務歴7年の看護師が解説します。

グループホームの夜勤ってぶっちゃけ楽ですか?どんな仕事をしていますか?勤務内容を教えてください。

この記事の内容

  • グループホーム夜勤の仕事内容
  • 実際のスケジュール
  • 夜勤をするメリット・デメリット
  • 夜勤のある施設を選ぶ際の注意点
  • 他の施設に比べてグループホームの夜勤は楽なのか?

結論から言うと夜勤が楽かは事業所や入居者の状況によって異なります。

これから介護を始める方に知っておいて欲しい夜勤のポイントはいくつかあります。今回は実体験ベースで紹介していきます。

働き始めてからだと遅いです。後悔しない選択ができるように最後までこの記事を読んでいってください。

【結論】グループホームの夜勤って楽?勤務歴7年の看護師が解説します。

この記事の結論

グループホームの夜勤が楽かは事業所や入居者の状況によって異なる。

グループホームだからこそ負担に感じる点や、注意点などもあります。ポイントを事前に抑えておきましょう。

夜勤のメリット

  • 夜勤手当が付く
  • 求人の選択肢が増える
  • 自由な時間が増える

夜勤のデメリット

  • 責任が重い
  • 精神的・身体的な負担がある

職場を選ぶ際の注意点

  • 2交代か3交代か
  • 介護度だけで判断しない

グループホームの夜勤はなぜ楽だと言われるのか

グループホームが楽だと言われる理由

  • 入居者が比較的に自立している
  • 急変などの状態の変化が少ない
  • そもそも入居者の人数が少ない

上記が主な理由です。

グループホームでは医療的な処置はありません。入居者の病状は安定しており急変などのリスクは少ないです。

また、人数が少ないため、ゆっくり介護することができます。

例えば「就寝介助」では大型施設のように20~30人の入居者を流れ作業のようにバタバタとベッドに寝かせるというよりはありません。

一人ずつゆっくり対応していきます。身体的も少ない印象ですね。

グループホームの夜勤って何するの

そもそもグループホームとはどのような施設なのでしょうか?

グループホームとは

  • 1ユニットの人数は9人
  • 夜勤は入居者9人を職員1人で見る
  • 身体介護だけではなく、調理や掃除などの家事も行う
  • 入居者は全員が認知症

参照記事【事実】グループホームの仕事内容を解説・給料・メリット・デメリット・必要な資格

上記です。少人数の入居者を家庭的な雰囲気の中で介護することで認知症の進行を遅らせます。

夜勤では主に以下のことをします。

夜勤の仕事

  • 就寝介助・起床介助
  • 朝食準備
  • 寝れない入居者への対応
実際の仕事についてスケジュールに合わせてみていきましょう。

実際のスケジュール

グループホームの仕事は三交替、二交替があります。

シフト例

  • 二交替 

日勤8:30~17:30

夜勤16:00~9:00

  • 三交替

日勤8:30~17:30

準夜勤16:00~1:00

深夜勤00:30~9:30

多くのグループホームは二交替というデータがあります。

グループホームの勤務形態

 
 

参照:医療連2020年介護施設夜勤実態調査結果

下記はわたしが実際に勤めていた夜勤の勤務スケジュールです。

勤務のスケジュール例

 
 

  • 16:00 情報収集

    出勤してすぐに記録を読んで入居者の状態に変化はないか確認します。


  • 17:00 夕食準備

    日勤が調理した、夕食の盛り付けを行います。


  • 18:00 夕食

    入居者と一緒に夕食を摂ります。


  • 19:00 就寝介助

    介助が必要な方の就寝介助を行います。眠前薬も同時に配薬します。


  • 21:00 休憩

    就寝介助が終わると一息つきます。

    以降は1時間おきに巡視を行い、空いた時間に記録します。入居者に異変がなければ後は自由時間です。


  • 3:00 朝食準備

    入居者9名分の朝食の仕込みをします。


  • 6:00 起床の声かけ

    介助が必要な方の更衣、洗面・整容の介助を行います。

    自立している方は起床の声掛けを行います。


  • 7:30 朝食

    入居者と一緒に朝食を摂ります。


  • 9:00 日勤者へ申し送り

    日勤者へ入居者の夜間の様子を申し送りして、引継ぎを行います。

    以上で勤務終了です。


夜勤をするメリットは3つ

夜勤をするメリットは以下です。

夜勤のメリット

  • 夜勤手当が付く
  • 求人の選択肢が増える
  • 自由な時間が増える

夜勤手当が付く

グループホームの夜勤の手当額の平均は以下です。

夜勤手当について

 
 
平均額 最高額 最低額
5386円 9627円 4000円

参照:医療連2020年介護施設夜勤実態調査結果

月5回夜勤をしたとして平均で約25,000円。年収ベースだと300,000円の差になります。

求人の選択肢が増える

夜勤を行うことで求人の選択肢が爆発的に増えます。

ある求人サイトでは「夜勤可」での求人数は「日勤のみ」と比べると4倍近くになっていました。

求人の選択肢を上げることで自分にあった職場を探しやすくなりますよ。

自由な時間が増える

下記は二交替のシフト例です。

二交替のシフト例

 
 
日勤 休み 夜勤 夜勤明け 休み 日勤 日勤
9:00~17:30   16:30~ ~9:30   9:00~17:30 9:00~17:30

夜勤明けと、休みの日が自由時間になります。例えば下記は実際にわたしが送っていた生活です。

  • 夜勤明け→休みの場合

 

9:00 夜勤終了

10:00 颯爽と帰宅後に仮眠をとる

16:00 少しだけ資格の勉強

19:00 飲み会に参加

2:00 帰宅後就寝

翌日(休み)少し遅めに起きてゆっくりする

  • 休み→夜勤の場合

 

10:00 日中は友達と外出、買い物

19:00 副業の居酒屋アルバイト

2:00 帰宅

4:00 少しゆっくりして就寝

15:00 起床、食事を摂り夜勤へ

また夜勤入りの日、前日の夜も余裕を持って過ごせます。夜勤をした方が自分の時間を作りやすいです。

実際にわたしは夜勤前の時間や、明けの日を利用してアルバイトしていました。夜勤があった方が副業もしやすかったです。

夜勤をするデメリット2つ

夜勤をするデメリットは以下です。

夜勤のデメリット

  • 責任が重い
  • 身体的・精神的な負担が大きい

ひとり夜勤で責任が重い

グループホームの夜勤の配置基準

1ユニット(利用定員9名)に1人以上

参照:厚生労働省 認知症対応型共同生活介護

1人「以上」とありますが 2020年介護施設夜勤実態調査結果」によると下記のようなデータがあります。

ココがポイント

  • 2名以上の夜勤体制の事業所は0
  • 1名での夜勤体制の事業所が100%

参照:2020年介護施設夜勤実態調査結果

グループホームの夜勤はひとりです。

  • 巡視に行ったら転倒していた
  • 入居者が亡くなっていた

上記はわたしが経験した例です。

夜勤で起こったことは自己責任と考える方も多いのではないでしょうか。ひとりで勤務するため責任も重大です。

身体的・精神的な負担が大きい

夜間は急変のリスクも起きやすい時間帯。

その時間をひとりで勤務するのは精神的な負担も大きいです。

下記はわたしが働いていたグループホームには下記の方がいました。

  • 度々、居室から這って出てくる方
  • 一晩中、奇声を上げている方
  • 深夜までホーム内を歩き続ける方

このような入居者にひとりで対応しなければなりません。

慣れないうちは気が張っているので疲労感は半端じゃないですね。

【夜勤】職場を選ぶ際の2つの注意点

以下のある職場を選ぶ際の注意点です。ポイントは2つあります。

ポイント

  • 二交替or三交替
  • 介護度だけで判断しない

二交替か三交替かで生活スタイル大きく変わる

下記はわたしが体験したシフト例と、二交替、三交替のメリット、デメリットです。

三交替のメリット・デメリット

三交替のシフト例

 
 
準夜 休み 深夜 深夜 日勤 休み 日勤
16:00~1:00   00:30~9:00 00:30~9:00 9:00~17:30   9:00~17:30

三交替では日勤帯、準夜帯、深夜帯の3つで勤務を区切ります。

三交替は夜勤の拘束時間は短く夜勤は楽ですが、自分の時間を作りづらいという特徴があります。

(例)三交替ルーティン

  • 休み→深夜の場合

9:00~16:00 外出、買い物

17:00 帰宅後に食事。夜勤に向けて睡眠

23:30 起床して出勤

  • 準夜→休みの場合

1:00(深夜)まで仕事

1:30 帰宅後に食事。お風呂などダラダラする

4:00 就寝

13:00 起床、遅く起きたので何もする気がしない。

19:00 友人と食事へ

22:00 帰宅。少しダラダラして就寝

休みの日も夕方から仮眠をとる必要があります。準夜明けの休みだと、休みが削られ疲れが取れません。

仕事と休みとのメリハリが付けづらく常に仕事をしてる感覚になりやすいのが三交替の特徴です。

三交替のメリット

  • 夜勤の時間が短い
  • 勤務中の身体的・精神的な負担が少ない

三交替のデメリット

  • 休日などの自分の時間が作りにくい
  • 常に仕事をしている感覚になる

二交替のメリット・デメリット

三交替のシフト例

 
 
日勤 休み 夜勤 夜勤明け 休み 日勤 日勤
9:00~17:30   16:30~ ~9:30   9:00~17:30 9:00~17:30

一方で拘束時間は長く仕事は大変ですが自分の時間を作りやすいのが2交替です。個人的にはこちらがおすすめです。

(例)二交替ルーティーン

  • 休み→夜勤の場合

9:00~19:00 ガッツリ副業アルバイト

20:00 友人と飲み会に参加

00:00 帰宅後、リラックスタイム

4:00 就寝

13:00 起床、昼食を摂る

15:00 夜勤へ

  • 夜勤明け→休みの場合

9:00 夜勤修了

10:00 朝食、リラックスタイム

11:00 就寝

16:00 起床後、資格の勉強

19:00 起床後、友人との合コンに参加

1:00 帰宅後、就寝

二交替は夜勤の時間は長いですが、夜勤明け→休みの流れで身体を休めやすく、仕事とプライベートのメリハリをつけやすいです。

二交替のメリット

  • 自分の時間が作りやすい
  • 空き時間にストレス発散しやすい

二交替のデメリット

  • 仕事の拘束時間が長い
  • 夜勤中の負担が大きい

メリット・デメリットを把握して自分に合った勤務の職場を選択しましょう。

介護度だけ判断しない

厚生労働省の調査ではグループホームの平均介護度は「2.74」とされています。

引用:厚生労働省 認知症対応型共同生活介護

一方で特養の平均介護度は「3.94

引用:厚生労働省 介護老人福祉施設

+ 「介護度の基準はこちらをクリック

介護度の基準

 
 
介護度 内容
要介護1

手段的日常生活動作でどれか1つ、毎日介助が必要となる人が対象です。

日常生活動作においても、歩行不安定や下肢筋力低下により一部介助が必要な人

要介護2

手段的日常生活動作や日常生活動作の一部に、毎日介助が必要になる人が対象です。

日常生活動作を行うことはできるが、認知症の症状がみられており、日常生活にトラブルのある可能性がある人

要介護3

自立歩行が困難な人で、杖・歩行器や車いすを利用している人が対象です。

手段的日常生活動作や日常生活動作で、毎日何かの部分でも全面的に介助が必要な人

要介護4

移動には車いすが必要となり、常時介護なしでは、日常生活を送ることができない人が対象です。

全面的に介護を行う必要はあるものの、会話が行える状態の人

要介護5 ほとんど寝たきりの状態で、意思の伝達が困難で、自力で食事が行えない状態の人

参照:健康長寿ネット

介護度2~3程度だと独歩が可能な「元気な認知症」の方も多いです。そういった方は対応が難しい場合が多々あります。

たとえば以下のような方ですね。

  • 居室から何度も這って出てくる方
  • 一晩中、廊下を歩き回る方
  • 隣の部屋に何度も入ろうとする方

上記は実際にわたしの勤めていたグループホームにいた方です。対応は大変でした。

グループホームは全員が認知症です。介護度が低くても、認知症の対応に時間がとられます。

介護度だけで仕事が楽かは判断すると地雷を踏むことになりますよ。

「介護度も低いし、まぁ楽だろう」という理由で職場を選ぶと失敗しますよ。

グループホームの夜勤:よくある質問

よくある質問

  • 料理はしなければだめか?
  • 夜勤で一番大変だったことは?

上記に応えていきます。

料理はしなくてもいいのか

事業所によります。事業所によっては下記のように調理をしない所もあります。

ポイント

  • 総菜を利用している
  • 専業の調理員がいる
  • ケータリングを利用
  • 宅配サービスを利用

上記のように調理時間を減らして、「職員の負担削減」「入居者と関わる時間を確保」している事業所もあります。

調理については「【実体験】グループホームは料理ができないとまずいのか?職員歴7年のNsが解説します」で紹介していますのでよければ参考にしてください。

夜勤で一番大変なことは?

個人的に大変だったのが生活リズムの調整です。

特に三交替では日勤、準夜、深夜と勤務が変化しやすく、身体的に不調が続いていました。

常に施設にいる感覚がありストレス発散も難しかったですね。

二交替になってからは、休みと仕事のバランスがとりやすくなりました。

勤務形態については人によって合う合わないがあります。よく考えて職場を選びましょう。

まとめ

本日は以下のことを解説しました。

まとめ

  • 夜勤の仕事内容
  • 実際のスケジュール
  • 夜勤をするメリット・デメリット
  • 夜勤のある施設を選ぶ際の注意点

グループホームの夜勤が楽かは事業所や、入居者の状態によって異なります。

勤務形態や、手当てなどをしっかり確認して職場を確認しましょう。

なお、その際には転職エージェントが役に立ちます。以下はわたしがすすめている3つの転職エージェントです。

おすすめの転職エージェント3選

求人数国内トップクラス。未経験・無資格の求人多数あり

資格支援制度あり!無料で資格を取りたい方はコチラがおすすめ

正社員の求人数トップクラス。正社員求人を探すならコチラがおすすめ。大手の安心感アリ

-グループホームの働き方

© 2022 グループホームNavi Powered by AFFINGER5